📖 新着 FX・外国為替自動売買ソフト情報

 ブラストFX・90.gif  Platinum Kubera FX・90.png  

【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX
AI(人工知能)が全自動でFXトレードをしてくれる利益が出やすいシステム



国内FX業者の真実!賢いEAを選びたいならコチラ

SidewaysTrade

日本でレバレッジ規制がされてからと言うもの
海外で口座を開設し取引している人も多いかと思います

日本と違い、海外業者によっては800倍以上のレバレッジをかける事も出来ます
日本の25倍からすると、恐ろしいくらいのレバレッジですし
下手をすれば一瞬で資金が吹っ飛ぶようなレバレッジにもなります

しかし逆に考えますと、小資金で取引する方にとっては
このハイレバレッジが海外で口座を開設したくなるメリットにもなります

資金管理をしかっりしておけば
レバレッジは非常に有効であり、使い方次第です
危険な使い方をすれば危険な目にあいますが
安全に使えば、決して怖いものではありません

このようにレバレッジだけを取っても国内FX業と海外FX業者は明確な違いがあります

しかしもっとも大きな違いは、業者の運営形態にあります

NDD(No Dealing Desk、ノー・ディーリング・デスク)方式と、
DD(Dealing Desk、ノー・ディーリング・デスク)方式と言うものです

NDD方式とは、ディーラーを介さない取引方法です
DD方式とは、ディーラーを介して行われる取引です

日本国内のFX業者はほぼDD方式を採用しています

この形態の違いが、取引手数料に響いてきます
国内でドル円を片道取引しても、手数料は掛かりません
(厳密には既にレートに乗っかています)

スプレッドも低いので、コストを掛けずに売買出来るイメージです

しかし、海外は取引ごとに手数料が掛かってきます

もちろん、ポジションの大きさごとに変わってきますので
スキャルピングにはある意味不向きと言えます

この差だけを考えると、レバレッジは低くても
余計なコストが掛からない国内FX業者の方が良い感じがしますが
国内のFX業者は相対取引がほとんどなので
利用者が勝つと業者が損を出すしくみになっています
と言う事は、利用者には負けてもらわないと業者は儲けを出す事が出来ない訳です
これが相対取引の実態です
この辺りを知らないトレーダーが実に多いんです

相対取引においては
トレーダーは世界中のトレーダを相手にトレードをしている訳ではなく
使っているFX業者の提供しているレートを見てトレードしているだけなんです

FX業者が提供しているレートを見ていると言う事は
もし、業者がちょっと上に振れさせてみようと思えば簡単に出来てしまう話にもなる訳です

もちろん他業者のレートと比べれば不自然な動きになるので、誰もが気付きます
気付いた人の中には、その動きのせいで損切りになる人もいます

そうなったら怒りからメールか電話で抗議する人もいます

「どうなっているんだ!今、極端なレートの動きをしたぞ!操作でもしているのかっ!」
「そんなの許される事じゃないぞ!」
「訴えてやるからな!」

こうなってしまいそうですが
ハッキリ言って、こんな事は無意味です
悪いのは業者ではなく、このトレーダーになるからです

先ほどもいいましたが、相対取引とは
口座を開設した業者と行う取引であり、
このようなレートの不自然な動きが起こりトレーダに不利になってしまう事も
口座開設の時の約款に記載されています

それにより損を被ったとしても業者には
一切非がない事に承諾して口座を開設しているからです

約款なんて、あまり目を通す事もないので気付かない人も覆いでしょうが
そう言う事も記載されているんです

なので、このトレーダーはいくら、業者に不服を申し立てても
何も解決する事はありません
このトレーダーが悪いと言う事になってしまいます
これが相対取引と言うものです

海外業者は、名目上では相対取引ではないので
このようなレートずらしのような行為は基本ないとされています

NDD方式なので、
顧客の注文はインターバンクへ直接流され約定されます

顧客の損は、業者の損になりかねません
顧客が取引をしてくれないと、
取引手数料が受け取れないからです

だからこそ、提供するサービスにも力が入ります
本当に有益な情報を提供してくれます

しかし、国内はうわべだけのサービスがほとんどで
「勝てますよー」と訴えかけているものの
顧客が勝ってしまうのは業者の不利益になるので
なるべく負けてもらう方が良いという訳です

そうなると、どういう事が出来てしまうでしょうか?
レートを操作しようと思えば
自社に有利になるように動かす事が可能な訳です

例えば、EAを使って取引していても
簡単にレートずらしをされてしまっては、
損切り設定にひっかかるような事も出来てしまう訳です

「このあたりに損切り設定が溜まってるな〜」
「チョットここまで振れさせてみようか・・・」
と言った事も事実上、不可能な事ではない訳です

実際にそういう事が行われているかどうかは
当事者にしか分からない事ですが
その可能性が否定できない状況にあるって事自体がすごく不快ではないでしょうか

しかし、これが国内FX業者の真実です
違法な事ではないので、仮に行っていても罪に問われる事もありません

こんな実態では安心してEAを稼働させておくなんて事も出来ません

しかしちゃんと対策をしていれば、こういったことを未然に防ぐことも出来ます
というより、賢いとされているEAは業者の不当なレートずらしにひっかかる事もありません
このような実態があるという事を知っているので
きちんと対策がされているのです

もし、今EAを使いたいという予定のある方は
是非、賢いEAを選んでトレードしてください
賢いEAを選びたいならコチラ
(クリアイズム有限会社さんからのメールより)


SidewaysTrade 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック